2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

携帯電話:SMS相互接続

 【07//2011】

つい先程、知り合いにメールを送ったところポスマスから返信が来ました。
どうやら、アドレスが変更されていたようです。
少し前に仕事用の携帯の方に変更のメールが来ていたのですが、上書きするのをすっかり忘れていたみたいです。
直ぐにそちらの方で連絡を取ったので特に問題はないのですが、電話帳を見返してみると番号しか知らない人が結構多かったりします。管理人はメールよりも電話派なのですが、それほど急ぎではない要件を伝えようとする際に電話にわざわざ出てもらうというのは些か面倒ではあります。

そんなこんなで今回の記事、携帯電話SMS相互接続に繋がります。

本文は続きからどうぞ
マイコミジャーナルから引用

NTTドコモ、KDDIおよび沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの5社は、第三世代携帯電話(3G)におけるショートメッセージサービス「SMS」の事業者間接続を2011年7月13日より開始すると発表した。これにより、5社の携帯電話のユーザーは、他社間でもSMSの送信および受信が可能になる。

今回の改訂によりNTTドコモでは、1回あたりのSMS送信料について、これまで送達通知なしの場合は5.25円、送達通知ありの場合は7.35円で提供してきた。改訂後は一律3.15円で提供する。

KDDI、沖縄セルラーでは、SMSを「Cメール」として提供しており、今回の改訂はCメール対応のauケータイおよびauスマートフォンユーザーが対象となる。改定後のCメール送信は1通あたり国内が3.15円、海外が100円(免税)になる。Cメール受信料はともに無料。なお、「ぷりペイドサービス(プリペイド方式携帯電話)」および一部の機種については、他社携帯電話宛の送信が不可となる。このほかKDDI、沖縄セルラーでは今回の事業者間接続の実施にあわせて、2011年6月以降発売される一部機種で、送受信可能文字数を全角文字で70文字、半角文字で140文字まで拡張する。さらに改行入力の利用にも対応する。さらに、Cメールの送信限度数を1日あたり200通または6,000通にし、迷惑Cメールの防止対策を強化する。

ソフトバンクモバイルについては、加入プランに関わらず一律で、送信料は1通あたり3.15円、受信料は無料となる。なおホワイトプラン加入者のソフトバンク携帯電話間(ディズニー・モバイル含む)での国内SMS利用についてはこれまで通り送受信無料で利用できる。

イー・アクセスもイー・モバイル携帯電話宛のSMS利用料を改定。現在、イー・モバイル携帯電話宛の送信料を他社携帯電話宛にも適用し、1通あたり2.1円の送信料で提供する(国際ローミング時は50円)。送受信可能文字数は全角最大70文字(半角英数160文字)となる。なお、「ケータイ定額プラン」「EM定額オプション」「定額パック24」に加入している場合のイー・モバイル同士のSMSは無料で利用可能。

引用ここまで。以下駄文

送信限度数6,000通は多すぎないか?200通でもちょっと多いように思える。
スポンサーサイト

Category: PC

Theme: 最近のニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。